開け放し部屋

妖精は目をまどろんと口を尖らし、全体の顔で「不機嫌」の気持ちを表現する。

「妖、妖精か?」」

「知らない、お嬢さんと話をしないでください!」

「おい、おい、おい――――」

妖精は私を無視して、彼女の声はすぐ自分で走って行った。

「あの、あいつはどうだったんだろう?……」

自分が誤解しているのに、他人に怒られても。

しかし私はまだ罪悪感があって、結局ふだんからよく相手の面倒を受けて。

俺は妖精と仲直りしている時、天井がトントン揺れる。

……ちょっと来てください。

この意味です。

……ないはず……おなかが空いたでしょう。やっと食べたばかりだ……私はまだ疲れて眠っていると思っている。」

その一方、私はリビングから「開け放しの部屋」へと向かう。

良いチャンスだから、先に部屋に帰って紗のプレゼントを取った。

数分後、私は「開け放し部屋」と妹に直面する。

私は紗のプレゼントに紙袋に入れて、1匹の手で持ちます。

「紗、どうしたの?」

………………………………………………」

着と式胴着の糸霧は、私の前に立って瀋黙を保つ。

彼女は頭を低て両手を後ろに並んで、しかももじもじと揺れ体。

お嬢様に言われて

私は疑いもしない。

「見てみたら二人だけだよね……待ちに待った……何の意味ですか?」

あなたはまだとぼけ♡♡♡♡

妖精は気持ちの喜びを口にして笑う。

プレゼントなんだ……「特別なクリスマスプレゼント」というのは、「特別なクリスマスプレゼント」という愛の本さんにあげます。」

はありません。」

へー「えっ?君はまた談笑している~~~

「ない、ありませんか。」

…………………………」

妖精瞬間無表情に強張る。

嘘をいんちき!君、さっき――――

またこのパーティが終わる後、あなたはお土産をこっそりプレゼントするつもりはありますか?

「お嬢様に言われて、中の表情は出てないんじゃないの?!」

「ああ、あのね……それはね。パーティーが終わった後……さよならのプレゼントは欲しいものだ……妹にあげる。」

「お嬢さんはいつになって妹になった?」

「なっていないからだ!あなたにはならない……紗のプレゼントです。」

…………」

どかん!妖精は強いショックを受けている。

よし、あなたに誤解させて、ごめんなさい……

「はい、そうです……はい、そうですね!妹、妹!糸をあげるのは!ふん、だよ!そうですね!本さんにプレゼントはありませんよ!お嬢様は甘んじてないとしても!このお嬢さんは少しもかすかに察知して!」

みんな帰ってから

学姉手を胸に頭を扠しない過去。

哼「口ずさん……間違えてはいけないよ。私にとって、あなたの小説は依然として面白くないです……でも君の夢は、いつか、起きてない作品を作っているかもしれない。私はただそう思ってたから……だから適度に屈辱には適度に……あなたの努力……图强……」

「やっぱり当さんが好きなんですね。」

もう、じゃないと言いました!人の話を聞いている人がありますか!」

はい、ありがとうございます。はい、それは期待に応えて行!はい、復――――」

正当な事情で一段落して――この時。

「——生きる。」

リビングのドアを開けて突然、さっきリビングの爱尔みぃが帰ってきた。

彼女は手で軽佻な声で話した:

すみませんが、さっきの映画は最終検査前のものです。て、こちらこそ完成版の白箱♪」

…………………………」

現場は静寂に回せる。

あなたは何をしているのですか―――――――!」

作者の怒号、高声は座敷に響き渡っ。

幸いに、版『爆炎の暗黒妖精』第1話の制作レベルを完成され、本当に素敵になっていました。

クリスマスパーティが終わると、みんな帰ってから。

私は妖精と二人と一緒に客間を整理して。

「めちゃくちゃにはやってないから、わざわざ助けてくれないか。」

関係ないとは関係ない。」

妖精は楽しくスイーツの空き箱にごみ袋に入れて、それからずっとこちらに向かって狙って。

「はい、これは待ちに待った……二人きりでいるよ。」

「?」

妖精は頬を尖らし

私たちは奇妙な瀋黙に陥って、帰りの帰り道を歩き。途中、途中、妖精は数分間離れた後に、口にした:

だから、あなたはこのさんを連れて行くつもりですか?」

「あ?」

クリスマスデートなんだよ、クリスマスには!次は来週の前、あなたを思って良い計画そして充当本さんの未定!」

私はクリスマスに家を出ていないよ。」

「?えと……意味は……部屋でデートするの?……ああ!難しい、まさか……うん!」

妖精が突然力まかせに私の身の回りを離れて、それから自分の体を抱きしめて。

かわいい顔がどかん……照れてる色に染まる。

「あなたのこのスケベ!スケベイ宗宗宗宗!って、クリスマスイブなので……と、急にそんなに欲しい!」

この白痴はいったい何を誤解して。

「全くわからない君は何でも言う――クリスマス家で妹と一緒に過ごすよ、さらにケーキを買って帰る。」

へー「えっ?まさかあなたが、この電撃文庫に登場することを企みているのではないでしょうか。来ないつもり愉快なkill timeなcommunicationですか?」

誰がそんな事をするのか。」

それにこれはおかしな言い方だ。

妖精は頬を尖らし。

哼「そうですね、ふん~妹と……でしょう、あなたのこのシスコン。」

あなたは。」

「それ、政宗だな。たとえあなたはエロ漫画を、先生はも予定とネット上の皆さん、一緒に楽しいクリスマスを過ごすのでしょうか?」

「もしかしたら?。」

お誕生日の時もそうです。彼女の生中継し、ファンの方にも他のイラスト家たちと一緒に絵を描くとチャットを愉快に誕生日を祝う。

「紗、兄はあなたと一緒にクリスマスを過ごしたいですよ!って――そう言ってそう言っても、超そっけに断られるとどうするつもり?お嬢さんは、一人でクリスマスイブの未来を予見ているのが見えます。」

僕は猛烈に走り始めた

その後は繰り返し売り切れと再版——今私たちの新作が発売3カ月後、がもう第六ブラシ――この言い方かもしれないが、ほとんどの人は実際の概念がないだろう。

とにかく、売れているということはよく売れているらしい。

慶賀に値する。

九月下旬には初のメディアとの提携を決め、漫画化も決定。そして作画のためには誰か担当するようになりますが……そして今日、コミック版は雑誌に載っている。

そして原作小説の第2話発売!

「慶賀に値することが起こるんだよね?。」

私はにこにこ笑う、冬の空を見てる。

間違いない。

今日はただ漫画版と原作小説の発売日じゃないんじゃない。

もっと祝うこと、また同じだ。

きょう、十二月十日………………紗の誕生日です。

妹の誕生日だ。

早く家に帰りましょう……!」

僕は猛烈に走り始めた。

お母さんはお母さんにはいません……彼女とは二人の家族になってから……

これは「開け放しない部屋」がスタートして以来、初めて「妹の誕生日」を迎える。

彼女の慶賀に全力を挙げてはならない!私がいる限り、彼女は寂しい誕生日を過ごすことは決してしない!

間違いない!サプライズパーティーにしたいな!

私はこの上ない情熱を抱いていて、しかしこの計は少し小さい問題がある。

紗は家にしゃがむ。

息を吐き白い息を吐きました

『元作者!君も何かにとっては!早くあなたに対して何を言って!』

このように騒いでいると、毎回繰り返し上演される。

「僕はこうして』と『自分の作品を見て、原作者にとっては幸せでしょう。」

うん、そうだ。」

私の顔には本音の笑顔が出ている。

一番素敵な漫画を作れるように、すべて2位に漫画の先生のおかげです。

高い砂の本屋を出て、買い物し終わった私は両手でスーパーの袋を持って急いで家に帰っていった。

にはいない。」

体が震えている。

このしばらく、関東地方も本当に寒くなりましたね。

町に歩いて、電球彩饰のクリスマスツリーやケーキの広告なども、どんどん目に映る。

駅前の商店の中で流れた曲の音耶诞節……手の親子、楽しみにプレゼントを选んでこのほうがいいかというと、やはりそれより良いと。

……もうこの時期だね。」

息を吐き白い息を吐きました。

「この月は……たくさんの事が発生して。」

九月は新作の発売日です。

続いてすぐに起きてエロ漫画を先生にグレート対決の事件。

エロ漫画先生との「仮面でグレート剥奪生死戦」に見事に優勝――結果を我々の新作で盛り上がっている話題。

そしてデビュー以来初めての大量の再版!

哈哈……本当にびっくりしましたね。」

あいつは冗談にも言うな

それも当然のよ!一見、でも、画家と漫画家は違う職業だと。必要な技術と知識がまったく違うのに加え、対決の物件はカンニング技能全開の爱尔みい先生……絶対勝つはずはない。

エロ漫画先生は専門だ技術けちょんけちょんにやっつけた後、イライラの爱尔みい先生から感じる彼女は「よくもばかで漫画」「どうしてあなたの漫画ゴミと同じ」をテーマに展開エロ漫画先生の長い説教を超え、まるまる3時間以上話した。

このために、エロス漫画先生の漫画技術も進歩しました。

と、エロス漫画先生の「自分が作画大作戦」を失败する。

「なるほど――この様子は疑問にも解釈できるのですが。」

智恵は雑誌を取り上げ、急速にめくれして。

「爱尔みい先生は『エロ漫画先生G』の名において作画には勝負だ。」

「そうですかね。このように完全なことで、スケベ漫画の先生も本当に火が大きいということです。」

「この雑誌には、スケベ漫画先生は何も対抗するようにイラストを掲載していますね。」

「それは……」

『コミック版のボリュームのフルカラーはもちろん私が描いているのですが!』

『嘿!新連載第1話は雑誌表紙に載ってた!はい、こちらも私が描いてくれました!』

「えっ?爱尔みぃは描きましたか?そんなことは聞いてないよ!絵を描きたいんですが!』

あいつは冗談にも言うな……もともと私はそう思っている。

結局彼女は本当に絵が出てきた。

もちろんこの場合、漫画の表紙は漫画の表紙になりますが。でもそれは惜しいと、『投稿』の方式で掲載されている。

「バカ~卵!なぜ原作イラストレーターが「俺の漫画」の表紙を描いているのか!白NULLNULL -痴!』

には!からだから!これは「私の役」ですね……!らばうぁぁ||~!私は表紙にしてはならない!絵を描くのは絵を描くと言いまし!』